投稿日:

将来的な拡張工事に対応できるダクトとは

こんにちは!愛知県岡崎市に会社を構え、東海三県を中心に全国各地で、製缶工事や各種ダクト工事を行っている有限会社大本工業です。
「将来的にダクトを拡張することは可能だろうか」そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、「将来的な拡張工事に対応できるダクトとは」というテーマでご紹介いたします。


高圧ダクトで閉止板を使う重要性とは

ダクト工事の際に、閉止板を末端部分に使うことによって、将来的な拡張工事にも柔軟に対応できます。
どういうことかというと、拡張工事を行うときに末端部分が塞がれていたら、ダクトそのものを交換しなければなりません。
ところが閉止板で蓋をしただけの工事なら、外すだけで延長ダクトの接続ができます。
またハンドルをつければ、集塵用の清掃口にすることも可能です。
閉止板はボルトで固定され、アングル鋼の補強やリブ補強で、高圧ダクトの負荷によって外れるリスクを補います。


材質による特徴

オフィスビルや店舗ビル、一般的なマンションなどの空調関連のダクト、トイレの換気ダクト、トンネル内や産業用建物の集塵ダクトなどは、共板工法やフランジ工法などで閉止板を取り付けています。
閉止板の材質には、亜鉛素材やステンレス、ガルバリウム、塩ビ鋼板などがあり、それぞれに特徴があります。
亜鉛素材は耐蝕性、ステンレスは耐熱性や耐候性、加工性に優れています。
アルミニウムを含むガルバリウムは耐蝕性、防錆性に、塩ビ鋼板は耐薬品性、耐湿性、耐酸性、耐塩性に優れているという特徴があります。

大本工業へご相談ください!

将来性を見据えたダクト工事をご検討されませんか?
有限会社大本工業では、製缶、ダクト製作、ダクト工事のプロフェッショナルとして、設計から修理メンテナンスまで一貫して行っています。
お客さまのご要望にスピーディに対応いたします。
全国の現場に対応いたしますので、ぜひ皆さまからのご相談、ご連絡をお待ちしております。


【求人】大本工業では新規スタッフを募集中!

ただいま有限会社大本工業では、快適な暮らしを支えるダクト工事に携わっていただけるスタッフを募集しています。
あまり見かけることの少ないダクト工事ですが、最近はデザインとしての見せるダクトもあります。
安全性や機能性、耐久性、美観にもこだわる、品質の高い製缶やダクトを製作しませんか?
この業界にチャレンジしたいと思われた方は、ぜひお気軽にご応募ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

有限会社大本工業
〒444-3434 愛知県岡崎市井沢町字上谷戸22番地
TEL:0564-85-7027 FAX:0564-85-7037

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

某工場 塗装ブース 排気ダクト更新

某工場 塗装ブース 排気ダクト更新

お世話になっております。 有限会社 大本工業です。 お取引会社様 T社様のご依頼で、塗装ブースの排気 …

お客様にご満足いただけるダクト工事をご提案いたします!

お客様にご満足いただけるダクト工事をご提…

こんにちは!愛知県岡崎市の有限会社大本工業です。 弊社は製缶工事と各種ダクト工事を請け負う会社として …

有限会社 大本工業について

有限会社 大本工業について

このたびホームページを開設いたしました。 愛知県岡崎市を拠点に全国各地へ 各種プラント設計・製作・施 …